HOME >  兼六ホームが支持される理由 >  テーマ性のあるまちづくり

テーマ性のあるまちづくり

このページでは、兼六ホームが支持される理由として、「テーマ性のあるまちづくり」をおこなっている点について調べています。

500案件以上のプロジェクト施工実績

私たちは自分が住む家については、あれこれ検討するものです。しかし、少しばかり引いた目線で、自分が「これだ!」と思った物件の周囲をしっかりと見てみるといいでしょう。

  • 分譲地自体が周りの自然や街と調和しているか。
  • 戸建住宅の色彩や屋根勾配、壁面後退距離は問題ないか。
  • 擁壁や門柱、生垣や高木の設置などは適切か。

このあたりをチェックすると、兼六ホームが支持される理由が見えてきそうです。

兼六ホームは創業40余年にわたって、首都圏を中心に500以上のまちづくりプロジェクトに携わってきた会社なので、美しいまち並みづくりの実績をあげてきた自負があるそうです。まちづくりの景観プランニングは、一朝一夕にできるものではありません。美しいまちをつくり出すノウハウと、経験に裏打ちされた自信があるのでしょう。

実際、チェックしてみた分譲地は、どこも「しっかりとまちづくりのことが考えて造られている」といった印象をもちました。

地震が多い日本ならではの、建物の安全性についても別ページで語りましたが、やはり毎日生活する住宅。住まいにも機能性や堅牢さ、安全性の他に、意匠性や個性があってほしいものです。

また、最新のキッチンやシステムバスの導入など住設備の充実だけでなく、設計面でも1棟1棟それぞれのスペースを最大限に生かしているとのこと。収納スペースの確保やガーデニングスペースの設置など、さまざまな要望に応えていただけるそうです。ライフスタイル提案型プランニングと周辺環境との調和。こうした難しい問題を難なくクリアできるのも実力の表れでしょう。

分譲住宅「兼六パークタウンシリーズ」の魅力とは

兼六ホームがプロデュースしている新築一戸建て住宅が、「兼六パークタウンシリーズ」です。

首都圏で展開する兼六パークタウンシリーズプロジェクトでは、敷地条件を生かしながら、「落ち着き」「風格」「環境」をキーワードに、環境と住宅が優雅に調和する景観の創造を目指しているのが特徴です。

先ほども述べましたが、ランドスケープと建築・外構が一体となるように、デザインを心がけてプランニング。外構部材のデザイン統一や、セミパブリックスペースを創出させたり、宅地の外構部分をレンガウォールと植栽で統一させたり、植栽の視覚的な連続性の確保によって、街路空間に広がりを演出しているとうたっているだけあり、分譲地はどこもしっかり住む人たちの個性を尊重しているように思えます。

このように環境との調和を考え景観設計されたまち並で、四季の移ろいも感じられる快適な生活が楽しめることが、実際に購入した人たちから支持される理由でしょう。