HOME >  兼六ホームが支持される理由 >  信頼性の高い基礎工事

信頼性の高い基礎工事

このページでは、兼六ホームが購入者から支持される理由として、「信頼性の高い基礎工事」について調べています。

基礎工事~地盤調査まで自社で行う責任感

住宅選びでは、どうしても外観や内装に目を奪われがちですが、住宅を選ぶ上でしっかりとチェックしなければならないポイントは、「地盤調査」と「基礎工事」です。のちのちのためにも、これ大切な要素です。

記憶に新しい東日本大震災や阪神大震災など、地震大国の日本。まさかの地震は、いつ、どこで起こるかわかりません。建物が倒壊しないようにするためには、「地盤の力を調査すること」と「基礎工事」が非常に重要になってきます。

住宅販売業者には、これらを下請け業者に外注しているところが多々あります。しかし、兼六ホームでは、地盤調査や基礎工事といった建物の根底にかかわる部分を、すべて自社(もしくはグループ会社)で請け負っているところに特徴があります。この責任をもって家をつくっている安心感が、支持される大きな要素のひとつでしょう。

独自の地盤調査で安心を追求

少し掘り下げて紹介していきますと、まず、土地の性能(地耐力ともいいます)を測るために、「スウェーデン式サウンディング」という独自の地盤調査をしているようです。

この調査をもとにして、必要があれば表層改良や柱状改良などの地盤改良をしていきます。

そのうえで、「べた基礎」「深基礎」「支持杭基礎」など、その場所に最良な基礎工事をして、地盤の支持層に安定して乗る確かな支持力を持つ基礎をつくっているのです。

これらすべてを自社で請け負うというのは、責任の所在が明確なになるのはいうまでもありません。

ちなみに、建物の基礎は、鉄筋とコンクリートで造るのが基本。

分譲住宅ではなかなかその過程から見ることができないので、どのような工事を業者が請け負っているのかを、下見の時にしっかりと確認しておきましょう。営業スタッフが、しっかりと答えられれば合格です。

工事の手順は、まず基礎部分の地面に砂石を敷き詰めて突き固めます。その上に配筋工事を実施。建物の形状に合わせた型枠にコンクリートを打設します。工事の過程においては、コンクリートの養生期間などを充分に配慮し、しっかりとした基礎を築きます。

永く住み続ける上で建物の基礎工事は、大事な部分。兼六ホームは、外観や内装ばかりでなく、こうした基礎部分にもしっかりと力をいれている企業だといえます。