HOME >  兼六ホームが支持される理由 >  充実のアフターサービス

充実のアフターサービス

私たちが購入する住宅は、大切な資産です。住まいの価値を長い間維持し、安心して暮らしていきたいと、誰しもが思うことでしょう。

住宅を購入するときは、建物やローンのことなどで頭が一杯かもしれませんが、アフターサービスもしっかりと確認しておく必要があります。保証やメンテナンスがしっかりしている会社から住宅を購入すれば、それだけ的確な予防措置をすることができ、トータルに考えて建物の維持費用を抑えることにもつながります。

兼六ホームが購入者から指示されている理由として、このアフターサービス面が充実していることもあげられます。

20年におよぶ長期保証システム

兼六ホームで購入した物件は、「長期保証システム」でアフターサービスしてくれます。その保証期間は、なんと20年(保証期間を延長した場合)。

対象部分は、「基礎工事」「構造躯体」「防水」と大きく分けて3項目。それぞれ構造亀裂や欠損、破断、雨漏りなどに対処してもらえます。それぞれ詳しくみてみましょう。

【基礎工事】

おもな部位/基礎・基礎杭(アプローチ・ポーチ・玄関土間・犬走り・テラス・カーポートは除く)
※基礎コンクリートの伸縮によるものは除き、構造耐力上影響のあるもの(鉄筋の露出する欠損、鉄筋のサビ汁を伴ったひび割れ・欠損)に限る。

【構造躯体】

おもな部位/屋根・外壁・壁・柱・梁・床
※表面仕上材は除く。木材の乾燥収縮によるひび割れは除く。材料特性の異なる構造材又は下地材が接合された部分に発生した亀裂又は欠損は除く。

【防水】

おもな部位/屋根・外壁・ベランダ・バルコニー、外壁の開口部に設ける戸、枠、その他の建具
※室内への雨漏れに限る。家具・調度等の汚損は除く。雨漏り等を伴わないシーリング表面のひび割れ等については2年。枯葉等の異物のつまりによるものは除く。スノコ状のベランダは除く

兼六ホームの長期保証システムの概要は、私が調べた限りです。詳細については、直接問い合わせてみてください。

きめ細かく対応してくれる定期点検

定期点検をしてもらえるのも、分譲住宅購入ならではメリット。

兼六ホームが行っている定期点検は、対象項目が盛土や整地などの土工事からコンクリート工事、排水、電気・ガス工事に至るまで全18項目と、住宅全般の点検項目をカバーしています。

定期点検ではきめ細かな対応を心がけているそうで、こちらの相談にもしっかりと対応してもらえるので安心して任せることができます。こうした点も、兼六ホームの評判につながっているのかもしれません。